ID検索は、見知らぬ相手やはじめて会った人のID情報を簡単に交換できる方法です。でもID検索がアカウント情報を知りえる唯一の方法ではありません。

 

これはどういうことかというと、ID検索以外にもIDがわかる方法があるのにライン側はそのことを明確にしていないことになります。よく言えば、ライン側がうっかり失念してたと取れなくもないかもしれません。または、ID検索を使えなくすることで、18歳未満の一定数のユーザーにライン掲示板アプリを使わなくさせることが出来ると思ったのかもしれません。けれどもそれにしては中途半端な方法だと言わざるをえませんし、その中途半端な方法に携帯会社が同意したものだと思ってしまいます。auのあと、docomoとSoftBankが対応に遅れたわけですが、遅れた理由には「そんな中途半端な方法に従って良いのか」ということが取り沙汰されたのかもしれません。

 

ID検索ができなくても、ラインはユーザーURLを使えば、今まで通りライン掲示板で相手のアカウントを交換できます。ですから、規制する必要があったのはユーザーURLではなかったのかと思ってしまうぐらいです。いまのライン掲示板アプリを見ると自分のIDを掲載しているものもまだありますが、それらに混じって、QRコードとユーザURLを載せているケースがあります。このQRコードがユーザURLと同じもので、どちらも同じ意味合いをもちます。

 

なお「ID検索が使えなくなったら困る」という18歳未満ユーザに対して、ライン側は次の方法を示しています。

 

・電話帳連携をした上で電話番号を教える
・「ふるふる」機能を使う(目の前にいる人を位置情報からアカウントまで知ることがでしる)。
・QRコードを表示してもらう

 

まさに3つ目が使われているわけですが、ユーザURLを変換したQRコードは画像をアップできる掲示板で使えたわけです。ほかのふたつは実際に会う場面でなければなかなか使えないということで健全性は保たれているわけですが、QRコードならまんまと使えます。

 

こうして、ID検索の利用制限は意味がなくなっていきます。本当にライン側は、非公認掲示板を使えなくしたかったのでしょうか。かなり疑問です。