ラインの年齢認証ですが、18歳以上にも関わらず、認証後ID検索が使えくなって困る人もいるようです。よくあるのはアップデート後にID検索が使えなくなるということなのですが、これはスマートフォンの「利用者登録」に問題があるようです。つまり、18歳以上にも関わらずライン掲示板でID検索が使えなくなるというのは、「利用者登録」が出来ていない可能性があるということです。

 

スマホの「利用者登録」とは、当該端末を利用している人の情報登録です。しかしスマホを利用している人は、かならずしも端末の契約者ではありません。たとえば父親が契約者でも、「子どもや奥さんが利用者となっているスマホ」という場合がそうです。このケースでは、子どもや奥さんが利用者ですから、それぞれの生年月日の情報が必要となります。でも「利用者登録」が出来ていないとと、年齢認証を行っても18歳以上ということが確認できず、ライン側から機能制限がかかってしまいます。18歳以上にも関わらず、認証後にライン掲示板アプリでID検索が使えくなって困る人というのは、たいていが「利用者登録」に問題があるのですね。

 

通常、利用者登録は、本人確認書類を持って最寄りのショップに出向き、手続きを済ませるわけですが、キャリアによって違いもあるでしょうから、こまかくはウェブサイトなどで確認してください。

 

この「利用者登録」というのはむかしからあるものでもなく最近始まったばかりのもので、未登録になったままの人がほとんどのようです。そのためか、一度年齢認証が確認できないと、ID検索をあきらめてしまう人もいるようですが、免許証や保険証、また大学や専門学校の学生証などでも「利用者登録」は出来るようです。登録がまだの方は早めに済ませてしまいましょう。