ラインがID検索の利用に年齢制限をもうけたのは、非公認のライン掲示板の存在があったからですが、その掲示板はどういうものなのでしょうか。

 

ラインの掲示板とは、友達をつくる掲示板のことです。ただし友達といってもただの友達ではなく、いわゆるセフレを求めて書き込みをいている掲示板です。あるいは出会いを求めて書き込みをしている掲示板というわけです。

 

ただライン掲示板アプリはそれだけのために存在しているわけではありません。業者も多数存在しています。大きく分けると、援デリを手配する業者と悪質サイトに誘導する業者がいるわけですが、ライン掲示板に多いのは悪質サイトに誘導する業者のほうではないかと思います。

 

こうした業者は会員数が多い優良サイトにも紛れてることが多いわけですが、優良サイトはサイトパトロールが厳しくて存在するのが難しくなってきています。ライン掲示板なら、そうした難しさがありませんし騙せる相手もたくさんいます。最近のライン掲示板アプリは誘導業者がじつに多くなってきています。この傾向はますます強まっていると思います。

 

ラインの非公認掲示板が利用制限をしても減っていかない本当の理由は、こうした業者が絡んでいることが大きいのではないでしょうか。つまり非公認掲示板を立ち上げているのは、業者自身の仕業だということです。なぜなら、これほど非難を浴びても存在し続けられる理由というのは自身の利害が絡んでいるからで、趣味を貫いているわけでは決してないからです。もっと言うなら、どんなに非難されても彼らは痛くも痒くもありません。ライン側もID検索の利用制限という抜け穴だらけのやり方でお茶を濁しているからです。

 

掲示板を通じて出会えるのは、素人の女性もたしかにいるにはいますが、ほとんど業者絡みか悪質サイトに引っぱられることになるでしょう。